ごあいさつ

弊社は、現在株式会社ひかり工芸をはじめとする6社のグループ企業で連携を図り、各事業であらゆる視点・分野に着目して活動を広めていく多角化経営を目指し、展開しております。これもひとえに、多くの皆様方の温かいご指導、ご支援の賜物であり、心より厚く御礼を申し上げます。
どの分野においても時代が進むにつれて、技術や環境などの変化は常に加速をしています。情報、通信技術におきましては、それを活用する技術も飛躍的に進歩し続けています。
今、私たちには何が必要か、多くの皆様のニーズにお応えすべく、今後とも事業拡大を目指し邁進する所存でおりますので、今後とも一層のご指導とご愛顧を賜ります様、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役 倉地 猛

組織図

組織図

企業情報

商号
株式会社ひかりホールディングス(HIKARI Holdings Co., Ltd.)
代表取締役社長
倉地 猛 Kurachi Takeru
所在地
〒507-0818 岐阜県多治見市大畑町5丁目67番地MAP
連絡先
TEL 0572-56-1212 
FAX 0572-56-1211
URL
https://h-holdings.jp
資本金
2,000万円
設立
平成27年9月
事業内容
持ち株会社、子会社経営指導
決算期
8月
取引銀行
大垣共立銀行、十六銀行

役員一覧

代表取締役社長
倉地 猛
専務取締役
倉地 太
取締役
西尾 泰徳
取締役
加藤 勝
取締役
加藤 智裕
取締役
松岡 哲治

グループ沿革

1969年
代表者の略歴倉地家 次男として誕生
グループ略歴倉地タイル商会として立上げ
1987年
代表者の略歴
グループ略歴タイル接着加工部門を立上げ
1987年
代表者の略歴協和建材株式会社へ入社
グループ略歴
1993年
代表者の略歴倉地タイル商会へ入社
グループ略歴
2002年
代表者の略歴
グループ略歴法人格に改組 株式会社ひかり工芸
東京進出
2005年
代表者の略歴先代社長 倉地暑久 他界
グループ略歴代表取締役 倉地猛 就任
2007年
代表者の略歴中国進出を決断
グループ略歴
2008年
代表者の略歴中国人文化、考え方、先人の意見等を考慮し中国進出を断念
グループ略歴ナノグロスを発売
ノベルストーンジャパンを買収
2009年
代表者の略歴リーマンショックの煽りで売上が減少
グループ略歴ひかり工芸、ノベルストーン共に赤字転落
2010年
代表者の略歴
グループ略歴第二工場開設
2011年
代表者の略歴事態を奪回する為に奇策を考える
グループ略歴ひかり工芸、V字回復達成
第三工場開設
2012年
代表者の略歴設備の拡充を図る
グループ略歴
2013年
代表者の略歴東京プロマーケット上場挑戦を決める
グループ略歴
2014年
代表者の略歴大阪、地元商圏の強化を図る為ケイズクラフトを立上げ
グループ略歴株式会社ケイズクラフト 法人登記
2015年
代表者の略歴
グループ略歴グループ会社「ひかりHD」 法人登記
初代代表として就任
ひかり工芸 大型加工設備導入
2016年
代表者の略歴タイル以外の収益会社の確立
グループ略歴株式会社トライを買収
グループ売上規模12億突破
2017年
代表者の略歴
グループ略歴売上規模14億突破
ノベルストーンジャパン 東京ショールーム開設