ひかりホールディングスについて

そう遠くない未来に業界を牽引できる存在になれると信じている

ひかりホールディングスのコア事業としてタイルがありますが、別事業を含めた多角化経営を行っていきたいと考えております。
各事業はそれぞれ全く別の業界ではありますが、お互いに情報交換をしながら切磋琢磨して取り組んで行く方針です。
タイルに関しては、素材の調達から加工・製造・施工までグループ内で一貫体制を整えることが出来ました。業績と致しましては、順調に推移しており、現在およそ15億くらいの売り上げがありますが、M&Aしかりタイル部門の充実と通信事業の拡大により、5年以内に約50億位の売り上げを目指しております。
タイル部門と通信事業とで、その枝を今後とも更に拡大をしていきたく思っております。そして、現在タイル部門に足りないものを新規事業として立ち上げるのか、M&Aを行っていくのか、通信事業の中で現在二次下請けになっているものを一次下請けに入ることが出来るか等、広範囲で観点を広げていき、50億の達成を目指して参りたいと思っております。

ひかりHDについて

グループ企業